comefromeast’s blog

酒と泪と仕事と漫画

レオナルド×ミケランジェロ展

三菱一号館美術館の展示に行って来ました。

 

◎真面目な感想

ダヴィンチちゃんとミケランジェロくん(以下ミッくん)の比較ができて興味深い。

美術の基礎知識とか全然ないので、なんか似たような2人だと思ってたけど、根本的にキャラが違うと心で理解した。

ちなみに、展示物はほとんど素描なんだけど、ノートの落書きみたいで親しみやすくてグッド(cf. ダービー兄弟)。

 

◎多分みどころ: レダと白鳥

ミッくんの筋肉好きは有名らしいので、こだわりの筋肉絵にはあんまり驚かなかったんですけど、けっこう際どい絵も描くんですねこの人。

例えば、「レダと白鳥」っていう白鳥×美女のモチーフで2人の作品が並んでたんだけど、ミッくんは攻めすぎ。

R-18タグがつくかどうかのギリギリの線。

友達と見たから気まずかった。ミッくん空気読も?

 

ダヴィンチちゃんはその点お上品。

白鳥×美女じゃなくて白鳥+美女+モブだった。ほぼ全年齢。ありがとうダヴィンチちゃん。

なんかマザコン気味の人って上品な人多い気がする。偏見である。

 

◎笑うところ

絵画と彫刻どっちが尊いか論争が昔あったそうです。

絵画過激派ダヴィンチちゃんと、穏健派ミッくんのセリフのパネルがあって、ヲタが翻訳するとこんなかんじ。

 

ダ「二次元は二次元でありながら奥行きを出している点において惨事より優越していると言わざるをえないですなwww彫刻とかwwwwww」

ミ「ぼくは二次も惨事も優劣とかないと思うんだけどな…(´・ω・`)

 

ミッくんはいい隣人になれそう。

 

◎引いたところ

ダヴィンチちゃんの兵器案、ほんとクレイジーで引いた。

大鎌がぐるぐる回って敵兵をバラバラにするお!( ˙◊˙ )

ってあなた落ち着きなさいよ。絵がうまいのがまた不気味で引いた。

でもこの絵がポスカになってたのにはわろた。


◎ヲタの視点から

ダヴィンチちゃんは、なんか面倒ごとが多そうだし、時々R18G画像も流してくるから、フォローはしないと思う。ただ作品は素敵なので支部は見ると思う。

ミッくんは、ツイッターでフォローしてるってリア友にバレるとちょっと恥ずかしいので、鍵アカでフォローしようと思う。